タイトル通り、夏の空の映像をピアノ曲と共にご覧いただけます。

ただただ、その美しさに感嘆です。

この動画ができるまで、まさかこんな風に仕上がるとは思ってもいませんでした。少しこの動画と曲ができるまでの経緯をお伝えさせてください。

最初はいくつかの動画テストとして、iPhone6プラスを使って長時間の動画をとることを考えていました。

長時間動画を撮ることは普段は遭遇しないことに突き当たることがあります。バッテリーや充電の問題、メモリ残量の問題などなど。

これらは、屋内で撮影していますが、屋外の場合、夏の気温には気をつけなければ、iPhoneが高温で動かなくなってしまうこともあります。

これらの動画を撮る中でこのように様々な経験をすることができました。

そして、その中で、いくつかの動画をまとめていると、いつのまにか、日の出から日没までの全ての時間帯の動画が揃っていたので、時間順に並べていました。

一通り出来上がった頃、気づくとピアノのリードメロディが頭の中に鳴り響いていました。

上昇していく3音とともに、リズムも鳴っていたので、すぐさま、iPhoneのガレージバンドを開いて、その音を探していったのを覚えています。

4コード進行のAパートのコードと、メロディが出来上がり、その裏で流れる、ストリングスと、中国の楽器の継続音が決まりました。

最初の時点でできていたBパートのピアノメロディに展開コードをつけてほぼ全体ができてきました。

趣味で録り溜めていた鳥の鳴き声を入れたりしたのは、PC版のガレージバンドに作業場が移ってからでした。

 

ピアノの1音1音の美しさ。

壮大な無の空間に流れる、和音と継続音。

規則的に時を刻むような、途中から入るピアノの打点音。

 

モヤのような、雲のような判別できない夏の朝の雲や、急激な天候の崩れと、音楽との偶然の位置でのシンクロニシティ。

動画で黒い雲が立ち込めてくるところと、音楽のBパートに突入するところが近い位置にありますが、これは狙って作った訳ではなく、曲と動画を別々で作って、それぞれを合わせた時に近いところで変化していました。

そのように、必然のように出来上がったこの曲と、神が毎日運行している、壮大な雲の動きを見て少しでも癒されていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です