Beautiful pictures.

継続する方法は色々と言われていますが、何よりも確実な方法は「代替法」です。今の習慣のうち、新たな習慣と取り替えるという意味です。

しかし、それは一人ひとりの資質と深く関わっているため、自分が何をやりたいかという部分を発見することもまた必要なことです。

当たり前のことではありますが、人間は誰もがすでに習慣の中に生きています。ということは、すでにある習慣を他の習慣に変えるということが、新たな習慣を作るということになります。

新たな習慣を作るというとは、これまでの習慣で出来上がって生きてきた自分自身を、徐々に変化させていくものだということになります。これもまた当たり前といえば当たり前のことですね。

なので、やるべきことといえば、今自分がどんなことに時間を使っているかということを明確に把握することです。

時間を割り出してみたり、今やっているものの中での優先順位をしっかりと付けることも重要です。これには数ヶ月かかる場合もあります。

しかし、これらはすべて小手先の技術的なこと。

何よりも、一番大事なことは自分の資質と個性を知ることです。

自分の個性のヒントは、他の人よりも簡単にできることや、やっていて苦ではないこと、楽しいこと、友人や知人に褒められたことや分野、小さいときから続けていてなおかつ、苦ではなく楽しくできることなどを指針として考えるといいでしょう。

そして、最後の最後で継続することができる人と、できない人の違いは、そのことを使命と思ってやれるかということです。

人間はすべて神様が作ったものです。

その完全で完璧な神は、人間一人ひとりに使命を与えています。

しかし、人間には同時に自由意志が与えられているので、人生を生きている間に、その使命から外れることもできるようになっています。

しかし、神様が最も望んでいるのは、人間一人ひとりが個性と才能を磨いて使命を全うして、神様を喜ばすために日々を生きることができることなのです。

ある人は歌をうたうこと、ある人は、人と接すること、ある人は気が利くこと、ある人は人を管理すること、ある人は人としゃべらないことで何かをなすこと。

個性と才能は千差万別、神様がどんな能力を与えたか、それはその能力を開発して始めたわかるものです。

お金や名誉のために継続することはいずれ破滅に向かいます。

人間関係やいろいろな問題に悩まされて、幸福な人生をおくれなくなります。

全ては神のために何かをなしたいと願っているかどうかが鍵です。

誰か人間のためではなく、お金や名誉のためではなく。

そのようにした時に初めて、継続することがほんとうの意味で意味あるものになるでしょう。

お金や名誉のためだけにやることは、いずれ絶たれることになります。

この世の自己啓発の書物をあれこれと読んだにも関わらず、一向に結果のでないときに私はこの結論に達しました。

そのヒント・答えをくださったのはRAPTさんのブログでした。

是非参考にしてみてください。

RAPT | RAPT有料記事75(2016年6月11日)良い習慣を身に付け、体質化するには。

RAPT | RAPT有料記事167(2017年4月29日)良いことは全て体質化し、習慣化しなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)